がんばろう!日本

2014年3月13日木曜日

『チップで義援金活動』 最終報告




本日(平成26年3月13日)横須賀市役所へ「お預かりしていた東日本大震災義援金」の残りすべてを届けに行ってきました。
 窓口で対応してくれた方は、当社が過去に義援金を届けていたことを知っている方でした。今回が「活動最後の納付」であることを伝えました。

 お預かりしていた義援金をすべて届ける責を終えた「安堵感」の後、沢山の方々のご協力で活動を続けたことを「改めて振り返る機会」となりました。

 活動を始めるときには、

  • チップをこちらが求めていうと受け止められたらお客様に失礼じゃないか!
  • 乗務員へのチップか義援金へのチップか確認するの?
  • 一つの漏れもなく義援金を申告納付しないと信用問題だよ!
  • 預かった義援金を忘れずに会社に皆が届けるかなぁ?
  • 受け取りの証はどうするの?
と多くの課題を抱えながらのスタートでした。

 しかしこれは『受け取る立場』での心配事に終わりました。チップを義援金へ提供してしていただいたお客様は、当社乗務員を信用して『お金』を預けてくれました。

延べ人数 149名
活動期間 1000日

と、息の長い活動になりました。

ご協力いただいたすべての方に感謝いたします。
そして1日でも早い東北の復興を祈るばかりです。

 最後になりますが、本活動を始める際一番喜んでくれた山下乗務員(2011年4月17日記事:乗務員の皆様に趣旨説明(二日目)終わりいよいよ始動)が今年1月に永眠されました。

在りし日のお姿を偲びここに謹んで哀悼の意を表するとともに、
心からご冥福をお祈りいたします。

video
※動画は義援金に賛同いただいた方のリスト動画です。


ワイキャブ(横須賀地区)東北を応援し隊による『チップで義援金』情報
・Twitter(@Ycab_koukai)の義援金お預かりツイート

2013年12月12日木曜日

本日(2013/12/12)で震災から 「1008日」 経ちました。

チップで義援金活動も開始から ”971日” となりました。

様々な思いがめぐります。

”活動1000日目”を一つの区切りとして、本活動は終了致します。

活動を通して学んだ「タクシー会社が社会に貢献できること」を心に留めて

未来を開拓してまいります。

なおお預かりした義援金の未納分を後日記事に致します。


参考:納付先(日赤横須賀地区12/3現在の義援金募集状況です)
 横須賀市-市民部市民生活課




ワイキャブ(横須賀地区)東北を応援し隊による『チップで義援金』情報
・Twitter(@Ycab_koukai)の義援金お預かりツイート
・東北を応援し隊を始めた動機
・お預かり金の届け先(横須賀市民部市民生活課:HPの2.(1))

2013年3月9日土曜日

東日本大震災 あと2日で満2年


2011年3月11日に発生した東日本大震災から2年が経とうとしています。
息の長い活動をされているボランティアの方々には頭が下がります。

ささやかながら募金活動を継続して来ました。ご賛同いただいたお客様・乗務員・係る庶務に携わる皆様にこの場を借りて感謝致します。

満2年を前に集計作業をしました。(2013年3月9日現在)

活動日数    693日
総預り金  150.540円
既募金計  118.067円
預り金残   32.473円

また、横須賀市へ納める際は本ブログで報告します。

ワイキャブ(横須賀地区)東北を応援し隊による『チップで義援金』情報
・Twitter(@Ycab_koukai)の義援金お預かりツイート
・東北を応援し隊を始めた動機
・お預かり金の届け先(横須賀市民部市民生活課:HPの2.(1))

2012年4月14日土曜日

明日でタクシーによる「チップで義援金」活動が1年を迎えます。

4月9日に赤十字へお預かりしていた義援金を届けてきました。

お預かりした義援金合計(2012-04-12現在)
118.511円 (明細はツイートに残してあります。http://twitter.com/#!/Ycab_koukai

第1回納付(2011-08-05)
第2回納付(2012-04-09)
60.000円 (本記事下に領収書を掲載)

納付合計
118.067円

お預かり残
444円


4月9日横須賀市役所東日本大震災義援金受付窓口へ、皆様からお預かりした60.000円を納めに行きました。 震災後しばらくは、人気(ひとけ)の多かった窓口も今はひっそりとしています。 ピーク時には訪れる方が1日20人ほどいらしたそうですが、現在は週に3・4人ということでした。

昨年8月5日の投稿時横須賀市で預かった義援金合計額が75.574.345円でしたが、本日確認したところ81.211.578円となっております。

震災後 147日目までに 75.574.345円
その後 253日間の間に  5.637.233円
 (横須賀市役所窓口での義援金受付状況)

 横須賀から応援できることも限られています。亀速での活動ですが、引き続き「東北を応援し隊によるチップで義援金活動」を続けて参ります。









ワイキャブ(横須賀地区)東北を応援し隊による『チップで義援金』情報
・Twitter(@Ycab_koukai)の義援金お預かりツイート
・東北を応援し隊を始めた動機

2012年3月11日日曜日

東日本大震災から1年

震災から1年が経とうとしています。
遺族の方々にはお悔やみ申し上げます。
そして復興をお祈りします。
引き続き義援金活動続けて参ります。


ワイキャブ(横須賀地区)東北を応援し隊による『チップで義援金』情報
・Twitter(@Ycab_koukai)の義援金お預かりツイート
・Twitter(@Ycab_ouen)の応援し隊活動ツイート
・東北を応援し隊を始めた動機

2012年1月13日金曜日

「お年玉の中から少しですが」と4歳のお子様から義援金をあずかりました!

2012年 初めての義援金をあずかりました。
お母様と一緒にご乗車された4歳の男の子からです。
「お年玉の中から少しですが」と決して少なくない額(200円)をお子様から乗務員に手渡されたのです。


当社では預かった義援金を封筒に入れ、納金時に会社で受け取ります。


乗務員も感心させられたようで、伝票代わりに使用している封筒裏に
ことの詳細メモを残して配車室へ届けられました。
そして社長である私が出社の際挨拶もさておき興奮気味に宿直の者から本件の報告がありました。

お子さん(こうのすけくん)の被災地を思う気持ちは、この件に関わった皆の気持ちを熱くさせました。
それとともに多くのことに気付かされました。


  • 相手を思う気持ちの大切さ
    • 思っているつもりでも少しトーンが下がっていた自分。「復興を願う気持ち」がこうのすけくんにははるかに及ばなかったなあ・・・と
  • 東日本大震災を大人よりも深く・重く小さな子供達が胸に刻んでいる
  • ご家族がお子様に「東日本大震災」をしっかりと伝え、ちゃんとお子様が受け止めている
震災の際にも秩序ある行動を被災者の方がしている光景を世界のメディアが賞賛していましたね。
地震の多い日本では、過去から親から子へ相手を思う気持ちが継承されていった結果なのかもしれません。


教えられることの多い東日本大震災
こうのすけくん 本当にありがとう。
ひきつづき「東北を応援し隊」活動がんばってまいります。

ワイキャブ(横須賀地区)東北を応援し隊による『チップで義援金』情報
・Twitter(@Ycab_koukai)の義援金お預かりツイート
・東北を応援し隊を始めた動機

2011年11月9日水曜日

東北を応援し隊プロジェクトも200日が経過しました。

日頃はワイキャブをご利用いただきありがとうございます。
東北を応援し隊プロジェクト(チップで義援金)も200日を重ねるに至りました。
震災から今日で244日目に当たります。

義援金件数 90件
預り金合計 68.645円 となりました。

90件の義援金を預かる乗務員も90人になります。それを受け取る事務所の職員もいます。
善意をいただく心の共有の機会に恵まれ、感謝します。
8月に取扱件数が減りましたが、9月・10月と件数が上昇しました。
なかなか前進の見えない復興によるものかもしれませんね。

これからも引き続き
東北を応援し隊プロジェクト 「チップで義援金」 経の応援を宜しくお願い致します。

ワイキャブ(横須賀地区)東北を応援し隊による『チップで義援金』情報
・Twitter(@Ycab_koukai)の義援金お預かりツイート
・Twitter(@Ycab_ouen)の応援し隊活動ツイート
・東北を応援し隊を始めた動機